• Posted by admin
  • Comments Off

歯医者さんへの集客術として考えられるのはキーワード。

キーワードとは検索してくれるであろう言葉となるのですが、
歯医者さんを探す際、治療をして欲しい方や、
治療が必要か?などの疑問を持っているからでしょう。

それはご自身じゃないかもしれませんよね?

小さなお子さんが通える歯医者さん、または寝たきりの方のために治療ができるか?
または、休日でも診療を行っているか?
治療してくれるか?
ということでも検索するはずです。

治療に関して思いつく限りのキーワードを入れて文章を作っていったほうがいいでしょう。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

歯や歯茎の治療が遅くなることで
歯を抜くハメになることもしばしば。

これは歯科医院が悪いというものではなく、
手遅れ状態となって駆け込んでくる患者さんの問題にあります。

手遅れ状態となってからだと、いくら歯を残してと希望しても叶いませんので
患者さん自体諦めるしかありません。

そうならないためにも、また、定期検診に結びつけるためにも
手遅れ状態となった方々の症例などを紹介してみてはいかがでしょう?

歯を失う前に治療をする必要性、検診を受ける必要性を
歯や歯茎について検索してくれる方が入れ込みそうなキーワードを用いて
ページを作ってみるのです。

早く治療をすることで見えない部分で治療ができた例などを紹介する。
というのもありますよね?

特に前歯。
見えない部分で治療したため、見た目には何も変わることがなかった。
というのも早期治療の良い例となると思います。

  • 月 8 31
  • Posted by admin
  • Comments Off

もちろんですが、キーワードを入れることによってあらゆる情報を検索することが出来ますが、
画像検索というのも当たり前となってきました。

それはSEO対策にも繋がることですので、
もしも掲載できる画像や症例写真があるのなら
ホームページに掲載するようにしましょう。

そうです。
画像から訪れて来る方もいるということになります。

ですので、言葉によるキーワードだけではなく
画像によるキーワードも意識してサイトを作っていくのです。

意識せずとも画像が掲載されているサイトは検索結果として出てきます。
もしもその画像の説明がない場合、結果として反映されないのはもちろんのことです。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

歯科医院を探している患者さんが入れるキーワードにはなにがあるでしょう?

それを知ることでSEO対策ができます。

まず大切なのは、場所です。
住所を入れるのは当たり前ですし、地図を画像で入れることも大切です。

また、駐車場の有無を知りたい方もいるかもしれません。
公共の交通手段でいらっしゃるのなら、
降りるバス停や駅名を書き加えるようにしてください。

その後も肝心です。

診療内容を書いていないと、せっかく来てくれても
その治療が受けられないと知ると、無駄足をさせてしまいます。

また、健康保険が使えるかどうかも書き加えるようにしてください。
歯科治療でのトラブルでは、健康保険が使えずに高額な治療費を請求されたということもあるようなのです。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

治療に来てもらうためのキーワードを考えてみましょう。

通院中の医院に対して不信感があれば
セカンドオピニオンという言葉で検索する可能性があります。

治療途中という言葉もそれに値するかもしれませんね。

昔だと他院で治療をしている場合
ほとんどの医院では検査はしてくれこそ、治療はその医院で完成までやってください。
と言いました。

つまり、他の医師が手を付けたものは
疑問を持ってもやらなかったのです。

でも今は違います。

セカンドオピニオンは多くの方がされていることですし
医師の中にも他院での治療途中でも受けてくれる所が増えています。

  •  
次ページへ »