• Posted by admin

歯や歯茎の治療が遅くなることで
歯を抜くハメになることもしばしば。

これは歯科医院が悪いというものではなく、
手遅れ状態となって駆け込んでくる患者さんの問題にあります。

手遅れ状態となってからだと、いくら歯を残してと希望しても叶いませんので
患者さん自体諦めるしかありません。

そうならないためにも、また、定期検診に結びつけるためにも
手遅れ状態となった方々の症例などを紹介してみてはいかがでしょう?

歯を失う前に治療をする必要性、検診を受ける必要性を
歯や歯茎について検索してくれる方が入れ込みそうなキーワードを用いて
ページを作ってみるのです。

早く治療をすることで見えない部分で治療ができた例などを紹介する。
というのもありますよね?

特に前歯。
見えない部分で治療したため、見た目には何も変わることがなかった。
というのも早期治療の良い例となると思います。