• Posted by admin
  • Comments Off

集客術を施したあとに出来るのは、
リピートさせることですが、その方法は検索順位を常に高く保つことと、
メールマガジン登録をしてもらうことです。

メールマガジン登録をしてくれるとメールアドレスがてにはいりますので、
定期的に情報を与えることができます。

得になる情報の場合、常に読んでくれる確率が高くなり、
ホームページへのリピート率も高くなります。

ここで治療を受けてみようとなれば実際に訪れるというわけです。

集客に成功してもリピートさせなければ素通りされるのと同じです。
常にためになる情報を提供しつつ、
リピートさせるようにしてください。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

訪れやすいとはどんな感じなのでしょう?

腕の良さや治療の早さというのもあるでしょうね。
そのような歯科医院は常に予約でいっぱいです。

それだけではありません。

質問に対してわかるように答えてくれる。
というのも大切です。
それによって信頼され、安心が得られるのですから。

まだ来てくれてない方に対して
そのように対応することは可能です。

ホームページを使えばできるということです。

質問コーナーをもうけてみたり、
その中に答えがない方には気軽にメールをしてもらうようにしましょう。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

虫歯や歯周炎、それから歯周病、
さらには酸蝕歯、他にも口の中のトラブルを予防するには
正しいブラッシングと検診が必要です。

不都合が起こってから受診するのが悪いところ。
多くの方がそうで、
インプラントにするなど、結果的に大きなお金が出るのは
その多くの方の責任となります。

予防のために何が大切か。

それをホームページでお知らせしてあげましょう。

自己管理をどんなに行っていても
検診は不可欠である。
それにつなげるのです。
それが事実なのですから。

集客していらしてもらうために、
ためになる情報を提供するとともに
いらしていただく工夫をするようにしましょう。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

ホームページのSEO対策は営業マンの代わりだと思ってください。

集客力を持ったものですので
営業はしていないものの、その力はあるのです。

インターネットでの営業活動は
こちらからたくさんのサイトにアクセスするわけではありません。

来てもらうための手段を講じるのがネットの集客術、
つまりSEO対策となるのです。

それに対する費用対効果はいかほどのものでしょう?

かかる費用としては営業マン一人あたりの月給よりも安いもので、
集客力はかなりのものです。

営業マンが劣るとは言っていません。
でも歯科医院だと営業マンを専属で置くということはないですよね?
それならネット集客をした方がいいのです。

  •  
  • Posted by admin
  • Comments Off

治療に来てもらうためのキーワードを考えてみましょう。

通院中の医院に対して不信感があれば
セカンドオピニオンという言葉で検索する可能性があります。

治療途中という言葉もそれに値するかもしれませんね。

昔だと他院で治療をしている場合
ほとんどの医院では検査はしてくれこそ、治療はその医院で完成までやってください。
と言いました。

つまり、他の医師が手を付けたものは
疑問を持ってもやらなかったのです。

でも今は違います。

セカンドオピニオンは多くの方がされていることですし
医師の中にも他院での治療途中でも受けてくれる所が増えています。

  •  
次ページへ »